福井県の緑あふれる庭・外構工事は庭屋シャレスにご相談ください。建物と外まわりが一体となった心地よい空間作りを目指しています。こだわりのエクステリア商品も多数取り扱っています。

TOPビフォーアフター > 福井市 8号線沿い 白扇様 エントランスリニューアル

福井市 8号線沿い 白扇様 エントランスリニューアル

国道8号線、問屋団地交差点に位置する、「旬味和膳 白扇」様のエントランスをリニューアルいたしました。

以前は、入口の庇の出が70cm程しか無く、自動ドアを開けると雨風が直接入って来る時もあり

庇部分を広げたいというのがご依頼のきっかけでした。

打ち合わせを重ねるごとに、いろいろな問題点が見つかりました。

例えば、既存のスロープはタイル張りで、しかも少し急なため滑りやすい点や

国道の信号待ちの車から、自動ドアが開く度に中が丸見えになってしまう点等。

他にも多数ありましたが、ひとつづつクリアしていきながら最終的なデザインが決まりました。

 

一番の課題だったエントランス前の狭い空間は、屋根と、床を延長して

余裕のあるスペースを作ることになりました。

屋根を受けるための、梁と間柱を立てています。

一部屋根が掛からない部分をつくり、間口が広く見えるようにデザインしています。

階段タイルは、下地を残して全て張り替えます。

蹴上げ高さも小さくして、ご年配の方にも配慮しています。

 

広がった屋根部分。

軒天の仕上げには焼き杉材を使用しました。

急勾配で滑りやすかったスロープを取壊して

緩やかにあるきやすくなった新しいスロープ。

舗装は滑りにくいように、豆砂利の洗い出し仕上げになっています。

 

洗い出し仕上げとは、コンクリートが乾かないうちに豆砂利を敷き詰めて埋込み

その石を洗いながら浮かび上がらせる工法で、昔からある日本の代表的な左官の技です。

手間暇は掛かりますが、仕上がりは上品な和風の雰囲気を出してくれます。

砂利もいろんな色合いの物があり、建物や壁材などに合わせて選択できます。

今回は、落ち着いたモノトーン系の砂利を使用しました。

 

手摺はLIXIL製のグリップライン。高さは80cmで、つかまりやすい高さになっています。

広くなったエントランスを間仕切る壁。

その前面部分には、石組みと植栽を配置しました。

来店者にまず目で楽しんでもらえるようにあしらえました。

壁には、割肌の錆御影石を張り、既存の横壁と調和させています。

植栽は季節の移り変わりが楽しめる、紅葉が美しいナツハゼを植えています。

 

壁の裏側です。

こちらも石組みと植栽で坪庭風のスペースを作っていて

ホールから外に出ると、目の前に飛び込んできます。

 

以前はこの部分も駐車スペースでしたが、こちらにも石と植栽と灯籠を配置してお客様をお出迎えします。

既存の行灯看板が、植栽によって引き立ちました。

 

下は、プレゼン用に作成したパース図です。

ほぼイメージ通りに、実物が出来上がった様子がわかります。

弊社では、RIKCAD8という、最新のCADを使ってプランしています。

リアルな3Dパースは、360度どの角度からでもプランを見ることが出来ます。

 

家まわりをちょっとキレイにしたいけど、イメージがまったく湧かないなと思っている方

一度、庭屋にお越し下さい。きっとお力になれると思います!!

プラン、見積りはもちろん無料で行っています。

お気軽にお問い合わせ下さい。

 

現場の様子などがわかるスタッフブログはこちらからどうぞ

スタッフブログ

この施工実績へ
お問合わせはこちら

パース無料作成!

ガーデンシャレス施工実績はこちら
ガーデンシャレス施工実績はこちら
ビフォーアフター
厳選商品
ガーデンシャレス展示場のご紹介
エクステリア工事のお見積の依頼はこちらから
サービス内容
スタッフ紹介
庭屋ブログ
お仕事の流れ
特定商取引法の表示
人材採用情報

リンク集

モバイル版Shalesアクセス方法

▼URLを直接入力
http://garden-shales.jp

▼バーコードを読み取る
QRcode